ごくごく平凡なお父ちゃんの雑記帳です。主に漫画とゲームと育児がメイン・・・なのか?!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日ネットでニュースを閲覧していたら
「就職活動世代に新たな悩み?」
という気になる記事を見つけました。


よく記事を読んでみると
一時期世間を賑わせた「変わった名前」の子ども達の
第一世代がついに就職活動に入ったらしいです。

(変わった名前の一例で挙げられていたのは
「小宇宙」と書いて「コスモ」とか「百獣王」で「リオン」、「空流光」で「くるみ」など)


そしてそれらの「変わった名前」を持つ人達が
面接に至る前の書類選考の

「エントリーシート」段階で
高確率で落されているらしい


という内容でした。






落されるのは名前だけに限らず他の要因もあるかもしれないが・・・
とは書いてありましたが

私は「エントリーシート」は人物を「書類だけ」で判断するものなので
奇抜な名前ははっきり言って
すごく「悪目立ち」しているのだと思います。
(言い過ぎを覚悟で言うと悪印象ともいえるかもしれません)


暴走族みたいな当て字の名前や
どう読んでいいか分からない不可解な名前は
どうもネガティブな印象がつきまといますからね。


会社の人事にしても
将来「会社の看板」を背負っていくかもしれない人物が
特異な名前であるというのは「マイナス」と捉える事が多いんでしょうねぇ。
(せっかくの名前を完全否定したくはありませんが事実だと思います)


親が良かれとつけた名前が
社会に出る直前の段階で子どもをつまずかせているというのは
大変皮肉な事だと思います。


「オンリーワン」や「個性」が声高に叫ばれる時代ですが
行き過ぎたモノはやはり「社会」に受け入れられにくいという事を
象徴する出来事だと感じました。


・・・もしかしたらですが今後は就職前の
「改名ブーム」が来るのかもしれませんね。(-_-;)


数日前に「命名」絡みの記事を
書いたばかりで蒸し返すようですが
気になったもので取り上げさせて頂きました。


この記事はあくまでニュースを元にした
はたの個人の私見ですので苦情の類は受けません。


ただ、気分を害された方がおられましたらお詫び致します。


それではまた~(´∀`*)ノシ 

↓ランキング参加中♪
皆様の一日一押しが心の支えです^^

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2011/07/23 20:54】 | 雑記
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/23(Sat) 22:00 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。